注意が必要な薬剤について

薬

シアリス服用の注意点

シアリスは基本的に陰茎周りの血管を膨張させて陰茎への血流を良くすることにより、効果を得ることができます。そして、肝臓のCYP3A4という酵素により代謝されます。そのため、シアリスを服用する際には血管の拡張効果を助長されてしまうものやシアリスの代謝を阻害してしまうものに注意が必要なのです。

血管拡張効果を助長してしまう薬剤

血管拡張効果を助長してしまう薬剤には、α遮断薬(ドキサゾシン、テラゾシンなど)や降圧剤(アムロジピン、メトプロロール、カンデサルタンなど)があります。血管を拡張される薬剤はシアリスの血管膨張効果が相まって通常以上の血管膨張させてしまうため注意が必要となるのです。

代謝を阻害してしまう薬剤

代謝を阻害してしまう薬剤には、CYP3A4(ケトコナゾール、イトラコナゾール、クラリスロマイシン)やHIV治療薬(リトナビル、インジナビル、サキナビル)があります。また、柑橘類を摂取することで代謝を阻害してしまう可能性もあるので摂取には気をつけましょう。

シアリスの副作用について

シアリスの服用によって起こりやすい副作用として挙げられるのが、頭痛や紅潮、ほてりなどがあります。どれも軽度の症状であるため心配はいりません。もし、重度の症状が起きた場合は、服用者の元々の健康状態や持病に関係していることがほとんどです。そのため、シアリスの服用に対して副作用の心配があるのであれば、しっかり検査を受けて体が正常な状態に改善した上でシアリスを服用するようにしましょう。気になる方は専門の医師に相談しましょう。

ED治療薬についてもっと詳しく知る

ED治療薬に関して危険な薬のイメージありました。

元々ED治療薬は少し危ない治療薬として認識していましたが、医師の指示に従って飲めば安全な薬であることが分かりました。EDで悩んでいましたが、ED治療薬を使用することで気持ち的にも楽になりました。

シアリスを服用することで安心して生活を送ることができています。

これまでバイアグラを使用していましたが、性行為のタイミングを見計らって服用していました。しかし、シアリスは、事前に飲んでも作用時間が長いので、プレッシャーを感じることなく生活することができています。

副作用は弱めです。

これまで様々なED治療薬を試してきましたが、シアリスが一番副作用を感じません。副作用を感じたとしても軽度の頭痛のみです。だから、安心して飲むことができるのです。

決めた容量を守りましょう。

より効果を得たいために決めた容量よりも多く服用しました。すると効果を感じるどころか副作用が生じてしまい、苦しくなりました。医師は症状によって最適の量を処方してくれているので、しっかりルールを守りましょう。

シアリスジェネリック医薬品を使用しています。

初めはシアリスを使用していましたが、治療にかかる費用が高いため断念してしまいました。そこで、同等の効果を得ることができるシアリスジェネリック医薬品を使用しています。効果も変わらず使用できているので、非常に助かっています。