シアリスを使用において知っておきたいこと

カップル

シアリスの処方について

シアリスは、第3の治療薬として2007年にリリースされました。シアリスは食事の影響が少なく、普段使用している薬と同様に服用することができます。シアリスの使用については、ED治療薬の中でも併用禁忌薬が一番少ないのです。

シアリスの処方条件

シアリスを処方する条件では、異常な高血圧やニトログリセリンなどの硝酸剤の処方を受けていないほか、大きな循環器系の疾病や賢肝機能に問題がなければ服用が可能なのです。また、心配されるのが多いのは、高血圧や糖尿病、高脂血症の治療薬を服用している場合になりますが、シアリスの場合は併用禁忌のものは基本的にないので使用することが可能となります。

シアリスの効果持続

シアリスは構造がブロック構造となっているため、その他のED治療薬と比べるとゆっくりと吸収され、ゆっくりと代謝されるため、長時間の効果を期待することができます。個人差がありますが、一般的には24時間から36時間の効果が期待できるため一回の服用で週末をカバーすることができるのです。その結果、シアリスは別名「ウィークエンドピル」とも呼ばれているのです。

長時間の効果が持続するメリット

シアリスの特徴的でもある36時間効果が持続するというのは、服用して36時間ずっと強制的に勃起するといった効果が持続するわけではありません。服用することで、薬の成分によって、陰茎周りの血管が膨張しているため、普段よりも血流量が多くなるため性的刺激に反応しやすくなるのです。また、代表的なEDの症状である中折れに関しても防止できるのです。

シアリスの効果によって性行為のタイミングを気にしなくて済む

シアリスの場合は、持続効果が長いため、性行為のタイミングを見て服用しなくて済みます。バイアグラやレビトラは比較的効果の持続時間が少ないため、性行為のタイミングを見計らって服用する必要があります。しかし、シアリスでは、性行為のタイミングを気にすることなく事前に服用しておけば、効果の持続時間が長いため、プレッシャーや神経質になることなく、過ごすことができるのです。